2018.8.24 金峰山 登山記

基本情報

●標高
金峰山:2,599 m

●時期
2019年8月

●ルート
瑞牆山荘→みずがき山自然公園分岐→富士見平小屋→大日小屋分岐→大日小屋→大日岩→八丁平・金峰山分岐→砂払ノ頭→金峰山小屋分岐→頂上→八丁平・金峰山分岐 →大日小屋→富士見平小屋→瑞牆山荘

登山道

瑞牆山荘から富士見平小屋まで

▼比較的急な登りが続きます。

序盤からゴツゴツした岩が転がっており、荒々しい岩山を思わせます。

▼瑞牆山を一望できます。

まるで中国のような雰囲気に見えます。

富士見平小屋から砂払いの頭

▼富士見平小屋の直前には、水場があります。

▼富士見平小屋

食べ物のメニューが豊富です。

▼最初は、樹林帯を抜けていきます。

▼途中に鎖場もあります。

しっかりと足場を確保すれば、難しくはありませんでした。

▼大日小屋を越える頃には、視界が拓けてきました。

展望の良さは、金峰山の魅力の一つです!

▼再び、樹林帯に入ります。

緩やかな道と急坂を繰り返します。

▼砂払いの頭

ここからは、稜線に出ます。

金峰山の真の実力は、ここからです!

砂払の頭から山頂まで

▼ここからは見通しの良い稜線が続きます。

▼終盤は、巨岩が増え、大きく足をあげることが多くなります。

瑞牆山ほどではありませんが、岩登りの感覚で楽しめます。

▼瑞牆山を見下ろすことができます。

▼山頂まであと少し!

▼そして山頂へ!
 広々としていて、素晴らしい。

▼金峰山山頂のシンボルである五丈岩。
 巨人が積み上げたかのような不思議な構造物だ。

人のサイズと比べるとその大きさが分かるでしょう。

金峰山はいい山でした!

▼金峰山の情報はこちらの記事にまとめています!
 金峰山に行くならぜひ!

スポンサーリンク
おすすめの記事